2018年の年賀状はいつまでに出せば元旦に確実に届くの?

Sponsored Link

年賀状2018元旦配達いつまでに出す

年賀状を元旦に配達してもらうには、いつまでに投函すれば良いのか!

結論からお話しますと…
曜日に関係なく、毎年12月15日から12月25日が引受期間となり、
年賀特別郵便として元旦に届けられます。

ですが、これは常識的なことになりますし、
「いつまでに送れば元旦に届くのか?」をご心配される方の中には、
引受期間に投函できない事情があって、お調べてしている方もいるでしょう。

そこで、ここではこの疑問ついて、もっと堀リ下げてお話したいと思います。

年賀状を元旦に配達してもらうには、いつまでに投函すれば良いのか!

また、12月15日から12月25日に出せば元旦に届くとお伝えしましたが、
実は必ず届くとは言えないケース>もありますので、
最後までご覧いただけると幸いです!

 


Sponsored Link

 

期限内に出しても元旦に届かない3つのケース

先述したとおり、年賀状の引受期間内に投函しても、
残念なことに、相手先へ元旦に届かないケースが3つあります^^;

 

そもそも、元旦とは「1年の始まりの朝」のこと。
元日の朝起きて、ポストを覗いた時に年賀状が届いている!
これが、「元旦に年賀状が届く」といえる理想形です。

しかし、元日の年賀特別郵便の配達事情は、
この形を叶える体制に必ずしもあるとは言えません。

郵便局では引受期間の年賀特別郵便は元日の午前中に配達する事を
目標に体制が立てられている訳ですが、アルバイトの具合など配達業務は、
各局によっても異なりますし、「午前中目標」で、午後になる場合もあります。

そして主観ですが、朝と呼べるのは、せいぜい午前10時ごろ。
つまり、元日の朝、元旦に届かなない年賀状は結構ある訳なんです!
これがケース1

年賀状の引受期間内に投函しても残念なことに相手先へ元旦に届かないケースが3つあります^^;

 

ケース2、これは凡ミスになります

ケース1でもチョット触れましたが、年賀状配達には毎年大勢のアルバイト、
つまりは「素人」の手を借りないと回らない事情があります。

そして、この年賀状絡みのアルバイトには、「仕分け」と「配達」があります。
ここで問題となるのが「仕分け」です。

年賀特別郵便は、逆に考えると配達日まで、局に保管される郵便物。
しかし仕分けでミスると、普通郵便として配達されてしまいます。

そうなりますと2018年の年賀状が、年が明ける前に配達されてしまう
不細工なことになります。
こうしたミスは毎年必ず起こっています!

 

ケース3 送りて側の認識不足

年賀状と言いますと、一般的には「お年玉付き年賀はがき」を想像しますが、
中には「私製はがき」で送ることもあるかと思います。

その私製はがきであっても、年賀特別郵便として扱われ、
引受期間内に投函されれば、お年玉付き年賀はがきと同様、
元旦に配達される郵便物となる訳ですが…ここには決まり毎があります。

年賀という文字を朱記する

これを忘れてしまった場合には、年賀特別郵便とならない場合もあります。

 

 

 

年賀状2018引受期間のウラ話?

先のお話のとおり、2018年の年賀状引受期間内に投函しても
必ずしも元旦に届くとは言えない部分もあるのですが、
逆に、年賀状引受期間内に間に合わなくても、元旦に届くケースがあります。

毎年、年賀状引受の最終日は、曜日に関係なく12月25日です。
ここにウラ話というか、ちょっとしたカラクリ?があります。

国内の年賀特別郵便は、特別離島でない限り、25日に投函されたものは、
元旦に届くことになっています。

しかし、実際には差出人の受付局から、相手の配達局に届くには、
最長3日間を有します。

つまり、配達局に12月28日に届いていれば、元旦に配達されます。

 

これには各局の諸事情も関わってきますので確定事項ではありませんが、
ネット上の声や元郵便局員のお話などから判断しますと、
其のように理解しても問題無さそうです。

恐らく年末間際の混雑を避けるための25日という設定ですね。

年賀状引受期間内に間に合わなくても元旦に届くケースがあります。

実際に30日に郵便局に持ち込んで元旦に配達された…
という話もあるくらいですから^^;

ただし、年賀状は、お世話になった方、親しい方へ
新年のご挨拶状として元旦にお届けするのがマナーですから、
ここでの話は参考程度に留めておいてください。

このお話をしているのは、年賀状の用意が12月25日を過ぎてしまい
送るのをどうしようか?と思っている方へ、
「急いで準備すれば、元旦に間に合う可能性が高いですよ!」
という意味合いで書いていますので、誤解の無い様にお願いします。

 

 

 

特別感のある年賀状の送り方

この項目の話は殆ど余談になりますので、スルーしてもらっても結構です^^;

通年、年賀状は出さないのだけれど、2018年は特定の方に
御礼などの意味を含め、インパクトのある、印象に残る年賀状を届けたい!
という方へのアイデアになります。

通常、年賀状は元旦に相手(送り先)のポストへ投函されるものですが、
相手に直接届ける方法があります。

といっても、特別な方法ではありません。
「速達」で出すだけ!

速達で出すはがきは「配達指定」ができるんです。

特別感のある年賀状の送り方

配達の指定は、「原則として、差出日の翌々日から起算して10日以内の日」
参照→郵便局のWEBサイト

12月21日から12月30日の間に郵便局へ差し出せば、元旦の配達が可能!

但し、不在の場合はポストに投函されてしまいます^^;
なので、事前にお正月にお出かけ予定がないことを知っておきましょう。

 

Sponsored Link

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

人気おせち早割で大幅値引き中

2018年おせち早割予約開始!

年賀状の印刷コスト最大89%削減

高級料亭御用達絶品蟹

Sponsored Link
ページ上部へ戻る